パソコンを入力する姿

どのくらいの件数を運用していますか?の質問にお答えします

  • 2019年4月18日
  • 2019年10月3日
  • 仕事

こういったビジネスをしていますと、必ず聞かれる質問です。

 

どのくらいの件数を運用していますか?
案件は10社以内に抑えています

どういう答えが満足されるのかなとはいつも思うことですが、

現在の受注状況を包み隠さず話すならば、

◆常勤契約・・・1社
⇒マーケティング責任者としてWEB運営~企画~広告~分析まで一手にやってます。

◆WEBコンサル契約・・・1社
⇒WEBのサイト分析、コンテンツマーケティング支援などです

◆広告運用代行・・・4社
⇒Google広告、Yahoo広告、Facebook広告を運用しています

 

といった状況です。(2019/4現在)

まだまだ少ないかな?といった状況ではありますが、ゆっくりと増やしている状態です。広告代理店時代は7~80アカウントを回しておりましたが、結果としてそれぞれの広告に費やせる時間がかなり減ってしまっていたため、あまり多くの広告アカウントを抱えないようにしております。現在、目安として10社以内と考えています。そのくらいが実績を出すための最適解かなと思っております。多すぎれば運用がおろそかになりますし、少なすぎれば広告システムの機微な変化を見逃す恐れがあります。



続いて、こちらは同業者の方から良く聞かれる質問ですが、

どうやって案件を獲得しましたか?
紹介がメインですが、当サイトからのお問い合わせも増えています

こちらは完全に紹介+ホームページやTwitter(匿名の個人アカウント)からのお問合せとなります。

3年ほど前は広告代理店に勤めていたのですが、その時のクライアント様から直接ご連絡をいただいたりして、案件化したり、他案件をご紹介いただくケースがほぼです。

独立したことをどこかで聞かれて、ご連絡いただけるのは、広告運用者として大変嬉しいことです。

 

続いて、

予算が少ないのですが運用してくれますか?
最低出稿金額以下の場合は、要相談です

こちらもよくあるご質問ですが、一度ご相談ください。私の力で伸ばせると判断できたり、個人的に好きな分野ですと、予算額は気にせずにお受けいたしております。

新規事業などの場合、予算額が少なくて当然と考えております。
また予算をご用意いただいても、広告以外の設定が必要であると判断した場合は、提示いただいた予算額より少額予算でスタートすることを私の方からご提案することもあります。

 

BtoC案件は受けないのですか?
「BtoCでも条件があえば受けています。」というのが答えです。

ただし、私がBtoBでの実績・経験による知見が有るため、BtoBをメインとさせていただいております。

BtoBは難易度が高く、予算もC向けに比べると取りにくく、また中小企業の場合、ブランド名で注文が取れずらいためかなり苦戦します。そういった会社様にWEBマーケで支援したいと考え、独立しているため、今後もBtoBをメインにしていきたいと考えております。

 

最後に、

WEBをやりたいのだけど全く分からない!
WEBマーケで新規顧客を獲得するという想いを重要視しています

というご質問です。

大変難しいところです。是非、近場であれば直接お話しさせていただきたいと思います。

WEBは新規営業の場として大変魅力的な場です。会ったこともない方からいきなり問合せがくる魅力的なシステムです。

新規開拓に課題があるが、WEBには今まで力を入れてこなかったという会社様には是非試していただきたい施策です。

ですが、同時にお金もかかることです。実施してみないと結果がどうなるか分からないWEBに予算を投下できるかというのは本当に難しいポイントです。

ですので、どうやっていくか施策を考えたうえで、実施するかどうかを検討していくというのをおススメしております。

 


ひとこと

WEB広告においては不幸な結婚と申しましょうか、残念ながら勝てる可能性の少ないビジネスであれ、依頼されたら予算使い切るまで出稿し続けるが業界の基本となっています。
依頼された案件は必ず受けるべき、1円でも多く稼げが営業マンとしての姿なのかなとは考えておりますが、私はお互いに得にならないと判断した場合は、お断りをしております。

また、私の知見が足りないジャンルの場合も、その点をお伝えして、クライアント様に判断をお任せする場合もあります。

双方の納得の上で実施させていただくことで、予算の無駄遣いとならないようにしております。

場合によってはお金を掛けずともやれることは多々あります。WEB施策はサイトを作るだけ、WEB広告を打つだけではありません。より広い目線でWEBを有効に活用していただきたいと考えております。

 

>BtoBこそWEBマーケティングを考えるべき

BtoBこそWEBマーケティングを考えるべき

リスグラムではBtoBに特化したリスティング広告をはじめとするWEBマーケティング支援を行っております。BtoBの場合、売ったら終わりという関係性は通常有り得ません。契約いただいてからスタートがほとんどではないでしょうか。また、衝動買いも考えにくく、1つの問い合わせや契約を獲得するのが大変難易度が高くなっています。その為、WEBマーケティングの戦略が1から必要なのです。

お客様に買っていただくのは最終ゴールではありません。

お客様に満足いただき、他人にも薦めてもらう、そこがゴールです。お客様の満足の最大化をすることにより、お客様が次のお客様を連れてきていただける。
これがマーケティングの最終ゴールだと思っております。その為の戦略支援を考え実行していきます。