リスティング広告について学び勉強する方法

2020年3月11日に「2019年 日本の広告費」という調査レポートが電通より発表されました。このレポートは、日本国内の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定したものになります。

ここで注目すべきデータとして、インターネット広告費がテレビメディア広告費を初めて上回った点になります。6兆9,381億円の日本の総広告費のうち、インターネット広告が占める金額が2兆1,048億円。6年連続のプラス成長で初めて2兆円を突破しました。

※電通調べ(2019年 日本の広告費

リスティング広告は、このような伸びているインターネット広告費の中でも最もポピュラーなものであり、少額でもスタートできるため、どのような規模・状況でも気軽に打てる広告となります。
よって、WEBのマーケティングに少しでも関係する方であれば、リスティング広告について多少なりとも知識を持っていたり、出稿や分析ができるようにはしておきたいものです。

リスティング広告とは

リスティング広告は、検索された語句(検索語句・検索クエリ)に対応して出る広告となり、[広告]マークの付いたものになります。自然検索(SEO)の上と下に表示されるもので、オークション制で表示が可能です。
1誘導(クリック)ごとに、費用が掛かるものになり、好きな予算で設定ができます。

1クリック数十円~数千円となり、キーワードによって単価が大きく変わります。

GoogleとYahoo!で出せるリスティング広告の良いところは、予算が1万円などでも出せること、誰でもプロと同じ機能の広告管理画面が使えることにあります。
(一部大手代理店や大手広告主でしか使えない機能やテストは存在します。但し、月に数千万の広告予算があるとかでなければ無視されて大丈夫です。)

よってWEB集客に対して何かしら関係される方はリスティング広告についての最低限の知識であったり、出稿できる方法は知るべきです。リスティング広告を学ぶ方法を、運用を代行・サポートしているプロの視点でまとめました。

リスティング広告をインターネットで学ぶ

ネットで学ぶ方法は、Googleが提供しているサービスを利用することにあります。但し、Googleの内容は専門用語を理解している前提で構成されていますので注意は必要です。
Google広告スキルショップで学びながら、Google広告ヘルプで読み解いていくというのが良いかと思います。
(Google広告スキルショップを見て、難しいと思ったら後述する本を購入するのが良いかと思います)

Google広告ヘルプ
Google広告ヘルプは名前の通り、Google広告のマニュアルになります。こちらを読むだけで基本的な知識を得ることができます。広告代理店の運用者でも勘違いしている点も細かく説明されています。

設定ミスを減らすためにもGoogle広告ヘルプは熟読しておく必要性があるといえます。

ただし、ここからスタートするにはちょっと読みづらい点があるかとは思います。こちらについては、設定作業をするときや作業につまづいたときに見るといいと思います。

 

Google広告ヘルプコミュニティ
Google広告に慣れてきたら、こちらを使って質問することも可能です。ただし、こちらはコミュニティでありユーザーの交流の場なのでご注意を。Googleの社員や関係者が回答することはありません。

かなり学べる質問も出てくることから、こちらも定期的にチェックすると良いでしょう。

 

Google広告スキルショップ
Googleのスキルショップというeラーニングがあります。(Googleのアカウントでログイン必須)

Google広告ヘルプではわかりにくかった流れを整理して、分かりやすくしています。(若干日本語がおかしかったりしますが)
順序だてて学習できるのでこちらを使うと良いでしょう。最後は理解度テストも有りますので、こちらの合格を目標に勉強していくといいでしょう。

 

リスティング広告を本で学ぶ

リスティング広告の学習でお勧めの本は以下の通りです。2020年3月度現在のお勧めになります。
現在お勧めしているのは全て2018年発行のものになりますのでGoogle広告ではなく旧名のアドワーズ表記になっていたりします。以下のものであれば情報鮮度は大丈夫かと思います。

ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102
Googleの機械学習を踏まえた自動入札や広告文の作り方など、他で触れていない内容が含まれています。Googleの仕組みを理解していないと書けないところであり、高く評価している本です。

 

リスティング広告のやさしい教科書。 ユーザーニーズと自社の強みを捉えて成果を最大化する運用メソッド
リスティング広告の出稿前からどう考えていくかから始まりますので、代理店を使わず自分で運用したい方にお勧めしたい本です。まず広告運用を学びたいという方は、こちらの本がお勧めです。

 

いちばんやさしい[新版]リスティング広告の教本 ⼈気講師が教える⾃動化で利益を⽣むネット広告 
内容の全面見直しが定期的に行われているのが評価高いです。事業会社の方には、前述の「やさしい教科書。」をお勧めいたしますが、広告代理店側の方であれば、こちらの方が分かりやすいと思います。
設定方法がキャプチャ付きで理解しやすいです。


リスティング広告をYOUTUBEで学ぶ

リスティング広告のプレイヤーがYOUTUBEで情報を提供しているパターンも増えてきました。
その中でもお勧めするのは以下の通りです。

桜井茶人 マーケティング大学
リスティング広告のお勧め本にも入れております、桜井さんによるYOUTUBEコミュニティです。マーケティング全般について学ぶことができます。リスティング広告についても触れています。

 

acssemble 新田真隆のGoogle広告運用情報局
Google広告ヘルプコミュニティのゴールドプロダクトエクスパートでもある新田さんの動画です。ある程度、アカウントを回してきた人向けにはなるかと思いますが、つまずきやすいポイントを解説している動画が多く、参考になります。

リスティング広告の勉強方法まとめ

動画で学べるリスティング講座などを月額数千円で配信しているサービスもあります。ただ、情報の古さには気を付けてください。基本的に3年以上前の情報ですと、ほぼ使えないといってもいいでしょう。(基本の部分は同じでも、情報の取捨選択が出来ない時に見るのはリスクが大きいです)

リスティング広告の学習に於いて一番の問題点は、管理画面はほとんど変わっていないことです。
ブランクが5年あったとしても、広告出稿だけなら数分でスタートできます。
しかし、GoogleのAIの発展が著しく、過去の成功する設定方法が通用しなくなっています。必ず広告設定も、新しい情報に更新していきましょう。

また解説ブログがかなりの数ありますが、内容が間違っていたり古くなっていたりすることがありますので、必ず、Google広告ヘルプで検索するなどして、思わぬミスをしないようにしましょう。

 

>BtoBこそWEBマーケティングを考えるべき

BtoBこそWEBマーケティングを考えるべき

リスグラムではBtoBに特化したリスティング広告をはじめとするWEBマーケティング支援を行っております。BtoBの場合、売ったら終わりという関係性は通常有り得ません。契約いただいてからスタートがほとんどではないでしょうか。また、衝動買いも考えにくく、1つの問い合わせや契約を獲得するのが大変難易度が高くなっています。その為、WEBマーケティングの戦略が1から必要なのです。

お客様に買っていただくのは最終ゴールではありません。

お客様に満足いただき、他人にも薦めてもらう、そこがゴールです。お客様の満足の最大化をすることにより、お客様が次のお客様を連れてきていただける。
これがマーケティングの最終ゴールだと思っております。その為の戦略支援を考え実行していきます。